メトトレキサート(MTX)

日本を含め、世界中で関節リウマチの第一選択薬として使われているメトトレキサートは他の膠原病でもしばしば使われる薬剤です。その効果は誰もが認めるところではありますが、一方で肝機能異常や倦怠感、悪心、口内炎などの副作用がときどきみられます(これらを軽減するために通常は葉酸とセットで処方します)。軽度の肝機能異常や倦怠感、消化器症状などはそれほど危険なものではありませんが、血球減少や間質性肺炎など一部には発見が遅れると重篤な副作用になり得るものもときにみられます。通常は定期的な診療で副作用のチェックをしていますので、これらを疑う症状や検査所見がみられた場合、すぐにメトトレキサートを減量・中止し、大きな問題とはなりません。
ちなみにメトトレキサートの口内炎は通常痛みをともない、部位を変えてできたり治ったりを繰り返すのに対し、舌癌による潰瘍の場合は同じ部位に残存し、初期段階では痛みもほとんどないことが多いようです。

TEL
03-3541-2323予約制
院長
清水 久徳
診療内容
リウマチ科、内科、アレルギー科
住所
〒104-0044
東京都中央区明石町11-15 ミキジ明石町ビル2階
アクセス
日比谷線・築地駅(3a、3b、4番出口)徒歩3分
有楽町線・新富町駅(6番出口)徒歩5分
ご利用可能
クレジット
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club international
  • DISCOVER
休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
13:30~17:00