メトトレキサートが苦手、できれば減量したい、やめたい

メトトレキサートを減らしたり、やめたり、ほかの薬に変えることはできます


メトトレキサートは免疫抑制剤のひとつであり、リウマチ膠原病領域においてよく使用されています。関節リウマチでは第一選択薬であり、リウマチ患者さんの半分以上の方がこの薬を飲まれていると思います。これまでメトトレキサートを飲んできたものの、やはり苦手であったり副作用が不安なため、できれば減量・中止したい、と思われれる方もいらっしゃると思います。

そういうときは先生に「メトトレキサートを飲むと〇〇の症状が出てつらいので減らしたい・やめたい」「特に嫌な症状はないけれどなんとなく不安だからメトトレキサートを減らしたい・やめたい」と伝えてみてもよいかもしれません。実際に嫌な症状を感じている前者の場合に、それでも我慢して飲みなさい、という先生は多くないと思います。通常は他に有効な薬剤があることが多いので、メトトレキサートの量を減らしたり中止して、代わりの薬剤を開始すればよいのです。

ただ、他の薬剤を次々と試したもののいずれも副作用で続けられなかったり、他剤の効果が乏しかった結果として現在のメトトレキサートが欠かせない薬剤になっている状況であれば、これを中止することで病状が悪化し、かえってつらい思いをする可能性があるため、中止に反対される先生はいらっしゃるかもしれません。こういった場合は、なんとか減量して続けられないか、メトトレキサートなしで他に使える薬剤がないか、しっかり話し合ったうえで方針を決めることが望ましいと考えます。

なんとなく不安な患者さんは、不安な気持ちを医師に伝えましょう


一方、今のところ特に副作用で困っているわけではないけれどなんとなく不安だからやめたいという後者の場合には、続けましょうという先生も多いと思います。病状が非常に落ち着いているのであれば、そして他に使える薬剤があるのなら、別の薬剤に切り替えてメトトレキサートをやめるという選択肢は当然あります。ただ、次の薬剤が副作用なく今と同じくらい効果がある、という保証がないため、変更には若干のリスクをともないます。ですからこの場合、薬剤変更のリスクと患者さんの不安な気持ちを天秤にかけて選択することになります。

漠然とした不安な気持ちでなんとなくやめたい、という患者さんの場合は先生からメトトレキサートの必要性と適切な診療のおける安全性についてお話を聞いて、ご納得されれば内服継続でよいでしょうし、それでもやはりやめたい気持ちが強ければ、思い切って他剤を選択するのもありだと思います。不安な気持ちのままで治療を続けるのはよいことではないですし、他剤を使ってみてうまくいけばよし、もしダメだったらあらためてその必要性を実感したうえでまたメトトレキサートに戻ってくればよいのですから。

TEL
03-3541-2323予約制
院長
清水 久徳
診療内容
リウマチ科、内科、アレルギー科
住所
〒104-0044
東京都中央区明石町11-15 ミキジ明石町ビル2階
アクセス
日比谷線・築地駅(3a、3b、4番出口)徒歩3分
有楽町線・新富町駅(6番出口)徒歩5分
ご利用可能
クレジット
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club international
  • DISCOVER
休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
13:30~17:00