抗CCP抗体陽性

更新 2021/3/18

抗CCP抗体とは

抗CCP抗体は、ACPAという自己抗体の一種であり、その中で特に検査において有用な環状シトルリン化ペプチド(CCP:cyclic citrullinated peptide)に対する抗体であることから抗環状シトルリン化ペプチド抗体とも呼ばれ、関節リウマチの病態において中心となる免疫グロブリンです。

抗CCP抗体とは何かを説明すると上記の1文に集約されるのですが、簡潔に表現するため一部専門用語を用いており、これらの理解が必要となりますので以下に詳しく解説いたします。

まず予備知識としてですが、人体の主要な構成要素である蛋白質はたった20種類のアミノ酸が様々な数・配列で集まって作られています(アミノ酸が50個以上結合したものを蛋白質、50個未満で結合したものをペプチドと呼びます)。
体内のアミノ酸は蛋白質やペプチドとして(複数が結合して)存在するもの以外に、他と結合せず単独で存在するものがあり、これを遊離アミノ酸と呼びます。
アルギニンと呼ばれるアミノ酸は蛋白質を構成する20種類のアミノ酸のひとつですが、酵素などの影響でシトルリンというアミノ酸に変化することがあります。このシトルリンは遊離アミノ酸のひとつであり、蛋白質を構成する20種類のアミノ酸ではないため、本来は蛋白質中には存在せず、シトルリンを含んだ蛋白質を特にシトルリン化蛋白と呼びます。

ここからが本題です。本来存在しないものが体内に生じたとき、少しくらいなら問題ないのですが、慢性的に生じた場合、一部の人では自己免疫反応が引き起こされてこのシトルリン化蛋白に対する抗体が生成されることがあります。ACPAとはanti-citrullinated protein/peptide antibodyの略で抗シトルリン化蛋白(ペプチド)抗体と訳されます。その名の通り、シトルリン化した蛋白やペプチドに対する抗体の総称です。シトルリン化蛋白には様々な種類がありACPAもそれに応じて様々ですが、その中で特に検査として優れた抗CCP抗体(IgG型)が診療で用いられています。

ACPA産生から関節リウマチ発症まで

体内で慢性的にシトルリン化蛋白が生じる原因として代表的なものは歯周病と喫煙です。
歯周病菌(Porphyromonas gingivalis)はペプチジルアルギニンデイミナーゼ(PAD:peptidyl arginine deiminase)と呼ばれるシトルリン化酵素で周囲の組織を破壊しますが、その際にシトルリン化蛋白が生じます。また、タバコの煙によっても気管支や肺の組織でPADが誘導され、シトルリン化蛋白が生じます。これらによって慢性的にシトルリン化蛋白が生じ、一部の人に抗CCP抗体などのACPAが産生されます。特定の遺伝子を持つ人において生じやすくなりますが、遺伝病ではないため確定的な原因遺伝子があるわけではありません。

ACPAの産生

関節内にある滑膜は、関節を動かす際に骨や腱が擦れる部位に存在し、摩耗によるダメージを防ぐ役割があります。本来、滑膜にシトルリン化蛋白は存在しないのですが、ケガや感染症などをきっかけにシトルリン化を生じることがあります。
抗CCP抗体などのACPAが体内に存在していると、滑膜に生じたこのシトルリン化蛋白に抗体が結合し、自己免疫反応(炎症)が始まります。いったん滑膜に炎症が生じてしまうと、その炎症が周囲の蛋白質にさらなるシトルリン化を生じ、炎症が広がっていく悪循環に陥ってしまいます。

関節リウマチの発症

抗CCP抗体の特徴

人間ドックの基本検査に組み込まれることのあるリウマチ因子(RF)と違い、オプションで選ぶしかない抗CCP抗体を自費で直接検査する方は少ないため、 手のこわばり・関節痛・関節腫脹などの関節症状がある方やRF陽性の方がこの検査を受けることになります。

関節症状のあるリウマチ膠原病の診断においてはほぼ必ず測定される抗CCP抗体(基準値 4.5 U/mL未満)ですが、関節リウマチに対する感度は70~85%、特異度は95~98%です。わかりやすく言うと「抗CCP抗体は関節リウマチ患者さんの70~85%で陽性になり、関節リウマチではない人で偽陽性となるのはわずか2~5%だけ」です。発症早期には抗CCP抗体が上昇していないこともあり、初期の陽性率は50%程度になります。

そこでまず重要なことは、抗CCP抗体陰性の受け止め方です。上記を言い換えると、関節リウマチ患者さんの15~30%ではずっと陰性のままであり、また発症早期の患者さんでは約50%が陰性になる、ということです。つまり抗CCP抗体が陰性であっても関節リウマチを否定する根拠にはなりません。関節が痛かったので血液検査をしたところ抗CCP抗体が陰性だったからリウマチではない、とは必ずしも言えないのです。関節症状が続く場合は抗CCP抗体が陰性であっても納得いくまで調べてもらうようにしましょう。

もうひとつ重要なことは抗CCP抗体陽性の受けとめ方についてです。
関節リウマチ患者さんにおいて「抗CCP抗体陽性であること(特に高力価の陽性)」はRF陽性とともに関節リウマチの予後不良因子のひとつと考えられています(「予後不良」とは「関節リウマチの病勢が強く将来的に関節破壊が進行しやすい」という意味です)。薬物治療によって寛解したあとに、薬剤を中止(ドラッグフリーといいます)して1年以上寛解を保てる確率は比較的最近のデータだと抗CCP抗体陰性例では30〜50%、陽性例では10~20%との報告があります(この数字はあくまで一例です)。母集団や時代によって治療成績は変化しますが、抗体の有無で治療成績に差がでることは確かです)。こういった情報で不安になってしまう方がいらっしゃるかもしれませんが、しっかり治療して寛解に持ち込んだあとも慎重に治療を続けていれば、抗CCP抗体が高値であろうと関節破壊は生じませんのでご安心ください。

また、今まで関節リウマチと診断されたことのない方にとって偽陽性率わずか2~5%の抗CCP抗体が陽性であることはそれなりの覚悟をもって受け止めなければなりません。

無症状の抗CCP抗体陽性者における関節リウマチ発症率は10~16%、 RFも同時陽性の場合には約30%との報告があります。つまり、いま関節症状がなくとも、抗CCP抗体陽性であれば将来6~10人に1人、RFも同時に陽性であれば3~4人に1人くらいは関節リウマチを発症する可能性があるということです。

一方、関節症状があって検査した結果、抗CCP抗体が陽性であった場合は(特に高値であるほど)その原因が関節リウマチである可能性は非常に高いと言えます。もちろん他の病気の可能性もありますが、すでにリウマチらしい骨破壊がある場合や手足を中心とした複数箇所にしっかりと関節炎がみられる場合には関節リウマチ確定で、すぐに治療を開始すべき状況です。

最後に関節リウマチ以外の病気における陽性率を表にお示しします。そもそも偽陽性率が2~5%と決して高くはありませんが、ご覧のようにいくつかの膠原病やその他の疾患でも陽性となるため、特に関節リウマチでは説明のつかない症状を合併しているようなときには膠原病専門の医療機関で精査を受けるようにしましょう。

病名陽性率
(%)
結核34.3
乾癬性関節炎8.6
全身性エリテマトーデス7.8
全身性強皮症6.8
シェーグレン症候群5.7
血管炎4.7
C型肝炎3.5
脊椎関節炎2.3
変形性関節症2.2
B型肝炎0.6
各疾患における抗CCP抗体の陽性率
Arthritis Rheum. 2009; 61: 1472–1483.を改編
TEL
03-3541-2323予約制
院長
清水 久徳
診療内容
リウマチ科、内科、アレルギー科
住所
〒104-0044
東京都中央区明石町11-15 ミキジ明石町ビル2階
アクセス
日比谷線・築地駅(3a、3b、4番出口)徒歩3分
有楽町線・新富町駅(6番出口)徒歩5分
ご利用可能
クレジット
  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club international
  • DISCOVER
休診日:水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 日祝
9:00~12:30
13:30~17:00